女性芸能人の中には、映画やテレビドラマ、写真集などでヌード姿を披露したことがある人が少なくありません。

 
中には10代でヌードを披露していた人も!

 
そこで今回は、10代でヌードを披露したと聞いて驚く芸能人について探ってみました。

 
1位 栗山千明

 
2位 大竹しのぶ

 
3位 吉高由里子

 
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 

 

1位は「栗山千明」!

 

 

 

美しいツヤのある黒髪、パッチリと大きな瞳がトレードマークの栗山千明。

 
彼女を一躍有名にしたのは映画『キル・ビル』でのGOGO夕張役。

 
強い目力の怪演が高い評価を得ました。

 
そのころから彼女を知ったという人も少なくありません。

 
しかし実はそれ以前、彼女がまだ11歳だったころに写真集『神話少女』でヌード姿を披露しています。

 
ヌードになったことがあるということ自体あまり知られておらず、さらに11歳のときと聞いて驚く人が多数。

 
1位となりました。

 

 

2位は「大竹しのぶ」!

 

 

 

今では実力派女優の一人として、その演技力が高く評価されている大竹しのぶ。

 
実は彼女も10代でヌード姿を披露しています。

 
18歳のときに映画『青春の門』にて濡れ場を演じています。

 
この映画は彼女が注目されるきっかけとなった作品のひとつ。

 
文字通り体当たりの演技が評価され、これ以降多くの映画やテレビドラマで活躍するようになりました。

 

 

3位は「吉高由里子」!

 

 

 

個性派女優であり、自由奔放な性格や歯に衣着せぬ発言が魅力的な吉高由里子。

 
現在放送中のテレビドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ)では、恋愛の仕方を忘れてしまったアラサー腐女子を演じて話題になっています。

 
そんな彼女も19歳のときに映画『蛇にピアス』にて、ヌード姿を披露しています。
このように、10代でヌード姿を披露している芸能人は少なくありません。

 
有名な女優の中には、それだけ若いころからプロ意識を持って仕事に臨んでいた人が多いのかもしれませんね。

 
気になる4位~20位のランキング結果もぜひご覧ください。

 
みなさんは、どの女性芸能人が実は10代でヌードを披露していたと聞いて驚きましたか?

 
(写真:MANTAN/アフロ)