527851_pcl

 

 

俳優・松方弘樹さん、死去──。

 

そのニュースが駆け巡った1月23日夕方、ビートたけしは『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)の収録中だった。

 

その後、スタジオ内のたけしの楽屋にて、本誌・週刊ポスト連載の取材が行なわれることになっていた。

 

収録終了。お馴染みの仮装を脱ぎ、楽屋のソファに座ったたけしに記者は告げた。

 

「松方弘樹さんが亡くなりました……」──

 

たけしは驚きの表情を浮かべ、絶句した。

 

20秒近く沈黙があっただろうか。

 

「そういや、『元気が出るテレビ!!』も、このスタジオで撮ってたんだよ」と、ポツリつぶやいた──。

 

最新刊『テレビじゃ言えない』も話題となっているたけしが、テレビでは言えなかった松方さんとの思い出を語る。

 

 

bedd4_759_3d295557_29c6d077

 

 
松方さんと初めて会ったのは、『元気が出るテレビ!!』の企画が持ち上がった頃だったね。

 

キャスティングを考えていたら、当時、制作会社IVSのディレクターだったテリー伊藤が「松方さん、いいんじゃないですかね~」なんていうんだよな。

 

当時の松方さんは『仁義なき戦い』やら東映の実録ヤクザ映画のイメージがバリバリにある頃でさ。

 

だからオイラは最初、「大丈夫かい? おっかないんじゃないの?」「バラエティなんてガラじゃないだろ」って、首を傾げたんだよな。

 

じゃあ実際会ってみましょうよってことで、四谷の寿司屋でメシを食う流れになったんだ。

 

日テレの人とテリー伊藤と3人で店に入ると、松方さんが先に来て待っててさ。

 

もう、ヤクザ顔負けの迫力で、ギラッとこっちを睨むんだよ。

 

だけど「やべえな」と思ったのは最初だけ。

 

酒をガンガン飲んでると、あの人が「ゲラ」だってわかったんだよ。

 

「ゲラ」ってのは、「ゲラゲラすぐ笑う人」って意味の業界用語でね。

 

あの「イーヒ、ヒ、ヒ」って笑い声も特徴的だろ。「これはハマるぞ」って思ったんだよな。

 

なんで、その場で「毎週なんですけど、レギュラーで出てもらえます?」って聞いたんだよ。

 

そしたらニコッとOKしてくれてさ。

 

松方さんは、京都と東京を往復したり大変だったんじゃないかと思うけど、結局『元気が出るテレビ!!』では、10年以上も付き合うことになっちゃった。

 

その間、本当によく遊んでもらったよ。

 

遊んだ、遊んだ、遊びまくった。酒も女も、いろんなことを教えてもらったね。

 

あの人は、とんでもなくカネ払いがよかった。

 

あんなに豪儀な人はなかなかいないぜ。

 

京都で超一流のステーキ屋に連れてってくれたときは驚いたよ。

 

なんと5人で食いにいって、その勘定が2000万円だぜ。

 

いくら高い店だって、メシだけ食ってたら5人で100万円もいかないからね。

 

ロマネ・コンティのビンテージものだか、1本数百万円するようなヤツを10本近く飲んじゃったんだ。

 

それを松方さんがぽーんとひとりで払っちゃうんだからね。

 

カードなんかじゃない、現金だぜ。

 

よく覚えてないけど、そんなカネ財布に入るのかって話だよ。

 

その頃はとにかく景気がよかった。

 

『元気が出るテレビ!!』が大ヒットで、観光地にグッズを売る「元気が出るハウス」ができててさ。

 

1日に1500万円売り上げる店もあったって聞くぜ。

 

松方さんの知り合いもその店に絡んでて、けっこう儲かったんだって。

 

で、「元気が出るハウス」で売ってるトレーナーもバカ売れして、あまりの売れ行きにニセモノまで出回ってたんだよな。

 

そのトレーナーがホンモノかどうか見分ける方法ってのが大笑いでさ。

 

洗濯しても大丈夫なのがニセモノで、色落ちしてまっ白になっちゃうのがホンモノというね。

 

ホンモノのほうがよっぽど粗悪品だったというオチなんだよな。

 

 

※週刊ポスト2017年2月10日号