news_20160814133538-thumb-645xauto-92165

 

 

「ジャニーズ事務所との契約は9月で終了するのですが、更新するか否かを問うのは6月です。

 

ジャニー喜多川社長はメンバーたちの意思を尊重していて、“時期は本人たちが決めればいい”と話しているようです。

 

つまりは6月に独立、新事務所への移籍が濃厚です」(テレビ局幹部)

 

SMAPの、正確には元SMAP4人の独立がついに現実味を帯びてきた。

 

多方面で噂されてきたとおり、I元マネジャーが彼らを主導しているようだ。

 

後ろ盾となっているのは大手芸能事務所『K』と、中国人観光客による“爆買い”にひと役買った大手総合免税店『ラオックス』だ。

 

「12月31日に中居ら4人と森且行が慰労会を行った、六本木の『炭火焼肉An』は堺正章さんのプロデュースで、『K』の会長も関係しています。

 

『ラオックス』とは’11年に開催されたSMAPの北京コンサート以降、Iさんがパイプを作ってきました。

 

現在、彼女は同社での仕事を受け持ち、また新事務所のために10億円の資金を用意していると聞きます」(芸能プロ関係者)

 

やはり4人とIさんの信頼関係は深く、そしてSMAPを守れなかった“代償”として、ジャニー社長は“結束”を容認しているのだろう。

 

1月中旬、『週刊女性』は6月の独立や新事務所の設立など、SMAPの今後をIさんに問いかけた。

 

お昼前に自宅マンションから外出した彼女は、『週刊女性』取材班を目にすると顔を伏せ、眼鏡をかけて足早に駐車場へ向かった。

 

これから仕事に向かうのであろうか、化粧やファッションをバッチリ決めこんでいる。

 

あらゆる質問にも無言を貫き、さっそうと車を駆っていった。

 

やはりまだ、表立って話せない事情があるのだろうか。

 

 

 

一方で中居クンが1億円以上の出資をするのは?

 

昨年12月26日の『SMAP×SMAP』最終回で、『世界に一つだけの花』披露後に号泣した中居正広。

 

ソロになってからも変わらず、レギュラー番組に加えて正月特番のMC出演と多忙な日々を送っているが、仕事以外でも奔走しているという。

 

「6月にIさんが設立する新事務所の傘下という形で、中居が個人事務所を立ち上げるというのです。

 

野球場のネーミングライツも所有する大手企業がスポンサーに名乗り出て、1億円の投資が検討されているそう。

 

中居もまた51%以上、1億円を超える出資をするといいます。

 

いちばん稼げるだけに、個人で請け負ったほうが都合がいいのでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 

すでに貯蓄額が数十億円ともいわれる中居が、なおも資金を募るのはなぜか。

 

「メリー副社長、ジャニー社長というカリスマが退いた後、ジャニーズは大幅に組織が変わっていくと考えられます。

 

中には脱退するメンバーや解散するグループも出るでしょうし、収入面においても大きく減るかもしれません。

 

中居さんはそんな折に『SMAP』の“買い戻し”を提案するのだと」(芸能プロ幹部)

 

つまりは来るべき時のために、SMAP再結成にかかる費用や地盤を整えているというのだ。その際にはあの人も。

 

「1度は訣別してしまった木村ですが、苦楽をともにした28年間はウソじゃない。いつでも木村が“帰れる場所”として、中居はリーダーとしての務めを果たそうとしているのかもしれないですね」(前出・芸能プロ幹部)