数ある高速道路の中で、最強の高速道路はどの路線なのか。

 

今まで答えが出なかった究極の問いに勝手に終止符を打つのが、今回の企画の目的だ。

 

今回、識者や一般ドライバーの意見を聞きつつも、編集部の独断と偏見で各ランキングを作成した。

 

なお、今回の高速道路には、A路線のみならず、A路線、B路線、本四連絡道のほか、都市高速、都市圏自動車専用道も含むこととした。

 

まず、“最強の高速道路”栄えあるトップの座を射止めたのは首都高だ。

 

大都市・東京の街中に張り巡らされ、カーブを連続させる道路設計は、ドライバーの心を揺り動かすものだ。

 

現在、日本で都市高速があるのは首都圏、名古屋圏、阪神圏、広島、北九州、福岡だけ。

 

その中で首都高ほど、映える道路はない。

 

SAやPAの楽しみは期待できないが、運転こそ高速道路の醍醐味であることを考えれば、当然の結果かもしれない。

 

たとえば制限速度ギリギリで、あのカーブ群を駆け抜ければ、このうえない快感が得られる。

 

一方、最新感を求めるなら、新東名や新名神、伊勢湾岸道がリーディングロードと言える。

 

道路設計としては、道路構造令を凌駕する140キロ設計。

 

車線幅員が3.75メートルあるのだが、そもそも同3.6メートルというフィート基準の東名とは次元が違うのだ。

 

それは、トンネルや橋梁といった構造部の比率にも表れている。

 

新東名の御殿場JCT~三ヶ日JCTにおける、この数字が58%なのに対し、東名の同区間では20%でしかない。

 

最小半径も、東名の300に対し、新東名は3000(伊勢原北IC以東は1500)。

 

トンネルの照明も、従来の対象照明に対し、新東名はプロビーム照明と、何から何まで最新!

 

「静岡県内の新東名においては、最高時速を日本最高の110キロに引き上げる試験を今年度中にも行う予定です。これでいい結果が得られれば、今後、新基準道路の最高時速の見直しが進み、将来的に法定速度120キロの可能性もあるんです」(全国紙記者)

 

とはいえ、最新ゆえの弊害もある。

 

ドライバーから、「単調で眠くなる」との声が多く聞こえてきたのだ。

 

運転の楽しみという観点から、今回は順位を低くしたものの、国内の高速道路環境を考えるうえで、非常に意義深いと言えよう。

 

一方、東北道も安定した道路設計が売りで、仙台や一関、八幡平以北では常時80キロ規制が敷かれるが、その車窓風景には変化がある。

 

安達太良山や岩手山の山々に、白河城や白石城の天守閣や郡山が見られるだけでなく、平野と山間部の“配置”も絶妙だ。

 

また、新東名に準ずる設計でありながらも、伊勢湾岸道は景色が抜群。

 

巨大港湾を見下ろし、遠く名古屋市内を臨む。

 

運転手も同乗者も爽快な気分になるはずだ。

 

今回は、横風の強さと勾配の急さ、さらに、総延長の短さから、東北道よりランクを低くした。

 

こうした観点とはまったく異なり、ある意味、最強の高速道路と言えるのが仙台東部道路。

 

東日本大震災で、あの巨大津波の被害を食い止めたからだ。

 

盛り土構造には否定的な意見も多いものの、こうした活用法は今後も増えていくべきだろう。

 

一方、最凶の高速道路といえば、阪神高速がぶっちぎりだろう。

 

車線変更をしようにも、その区間が異様に短い、あるいは、誰も道を譲ってくれないなどから、仕方なく何周か回ってしまったという経験を持つ人もいるはずだ。

 

また、3号神戸線はオービスがこれでもかとレンズを光らせるにもかかわらず、暴走車両や煽り運転が頻出。

 

事故が多いのも納得だ。

 

道東道や東北道・岩手山SA以北のように、最近は給油できない区間が増加している。

 

150キロ以上も給油できない箇所は、日本に10か所もある。

 

意外にも、そのうちの6か所が首都圏にあり、最長区間は北関東道・笠間PAから上信越道・横川SAまでの173.6キロである。

 

他方、高速道路のもう一つの楽しみ、SA・PAでトップに推したいのは、新東名・長篠設楽原PAだ。

 

かつて歴史に名を刻む戦が起きた地だけに、施設全体が戦国時代をモチーフにしている。フードコートは、「家康 鯛天丼」「信長 赤味噌らーめん」など、歴史好きにはたまらないラインナップ。

 

織田信長のコスプレコーナーのほか、織田軍本陣跡地も観光できるのだ。

 

足柄SAと三木SAはアクセスの良さから、誰もが一度は訪れたことがあるであろう巨大SA。

 

用はなくとも、ついつい立ち寄ってしまっては、あれやこれやと買い物をしてしまう。

 

足柄SAは、今年の8月31日まで期間限定ながら、グランピング(豪華なキャンプ)施設も営業(朝食には「富士山メロンパン」が含まれる!)するほどレジャー感が満載だ。

 

また、高速道路とは切り離せない関係にある渋滞だが、最近、国土交通省がそのワーストランキングを発表している。

 

これは、渋滞における損失時間を算出し、その多い区間を順に示しているのだが、実はこの順位は、年度によってかなり入れ替わる。

 

「新たに開通する区間によって渋滞しやすいかどうかが大きく変わるからです。たとえば新東名が御殿場から豊田まで開通したことで、東名のWネットワーク化された部分の渋滞は目立たなくなりました。また、圏央道の利便性が高まったことで、首都圏の道路事情が大きく影響を受けてもいます。“自分には関係ない”と思っていた道路でも、情報を整理することで、快適な運転につながるといえます」(経済誌記者)

 

今後、新東名の御殿場以東、新名神、東海環状道、中部横断道が開通する予定となっている。

 

これらの道路は3大都市圏の交通の流れに大きく影響を及ぼすだけに、ぜひ、注意してもらいたい。

 

最強、最凶、渋滞、SAなど、各分野でランキング化したが、高速道路は、魅力の尽きることがない男のロマンだ!