歌謡曲好きのTOKIO松岡昌宏が明かしたエピソード

 

2016年10月30日に放送されたテレビ朝日系の音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』での出来事です。

 

この日の放送では、『TOKIO松岡昌宏と80年代歌謡曲検定』と題して、ゲストのTOKIO松岡昌宏さんと80年代歌謡曲の裏側を学ぶクイズ企画を実施。

 

松岡さんは大の歌謡曲好きで、歌謡曲やアーティストの裏話を披露し、番組は楽しく進行していきます。

 

歌謡曲の黄金時代といわれた80年代は、山下達郎や松任谷由実など著名なアーティストがアイドルに楽曲提供をしていたそうです。

 

TOKIOの楽曲提供の話となり、こちらも超一流アーティストの名前がズラリ!

 

 

~TOKIOに楽曲提供された曲~

青春 SEISYuN / 作詞作曲:長渕剛

宙船(そらふね) / 作詞作曲:中島みゆき

NaNaNa(太陽なんていらねぇ) / 作詞作曲:玉置浩二

 

 

話題は変わり、松岡さんが矢沢永吉さんにまつわるエピソードを紹介し、大きな話題となりました。

 

松岡さんが矢沢さんを大絶賛したエピソードとは?

 

 




 

 

 

近藤真彦は矢沢永吉のファン!楽曲提供のオファーをするが…

 

ロックミュージシャン・矢沢永吉さんは、『永ちゃん』『ボス』の愛称で親しまれており、熱狂的なファンが多いことで知られています。

 

矢沢さんは数多くの名言を残しています。

 

「お前がどんだけ良い大学入って、どんだけ良い会社に就職しても お前が、一生かかって稼ぐ額は 矢沢の2秒」

 

「コンサートは、音を聴くだけのとこじゃない。何か気持ちをもって歌ってる男に、会いに行くものなんだ。」

 

…これぞ矢沢語録という感じでカッコいいですね〜!

 

松岡さんの事務所の先輩である近藤真彦さんは、矢沢永吉さんの大ファンで「矢沢さんに楽曲を作ってほしい」と楽曲提供のオファーを出したそうです。

 

すると後日、レコーディング中の近藤さんの元に一本の電話がかかってきました。

 

『そちらに近藤さんいらっしゃいますか?』と、急にかかって来た電話に『どちら様ですか?』と、聞くと… 『矢沢と申します。』なんとご本人からの電話でした。

 

そのまま矢沢永吉が話を続けます。

 

『僕、近藤さんから曲を作ってほしいと依頼をもらったのですが、僕あなたの事テレビで拝見したりして凄く素晴らしいと思うし、僕あなたのこと好きです。だから、僕あなたに最高の曲を作りたい!』

 

と、言ったそうです。

 

そして、最後に放った言葉は、

 

『ただ、ごめんね。最高の曲が出来たら僕が歌いたいよね。ジョンレノンもそうでしょ?』

 

と、言い放ったそうです。

 

最高の断り方に松岡昌宏が大絶賛!

 

このエピソードを聞いた共演者たちは一同にどよめきましたが、松岡さんは矢沢さんの言い放った言葉について

 

「でも、最高の断り方じゃない?」

 

「いいよな~、この断り方かっこいいな」

 

と、矢沢さんを大絶賛!

 

「僕はあなたが好きだからあなたに最高の曲を作りたい。ただごめんね、最高の曲ができたら僕が歌いたいよね。」

 

近藤さんに敬意を表しつつ、間接的に断った矢沢さん。

 

こんな風に言われたら、まったく嫌な気持ちになんてならないですよね!

 

矢沢さんにしか言えない名言です。

 

近藤さんはますます矢沢さんのファンになったのではないでしょうか。

 

語る全ての言葉がカッコいい矢沢さん。

 

松岡さんが大絶賛する気持ちがわかります!